• 浜風会hp

ヤマシタカツヒコ 投稿一覧

協働センターまつり展示に参加 5年11月11,12日

 今年のテーマは次の3つに決めて発表しましたが、多くのお客様が見えていただき盛況でした。 ① 地引網について、元船頭さんに聞く ② 地区を歩いて見よう         篠原東・篠原西・坪井・馬郡 ③ 篠原は踏切が多い、最 …

続きを読む

「波の音」研究者と語る会を開催5年11月2日

 「残したい日本の音風景100選」の『遠州灘の海鳴・波小僧』を認定までに持ち込んだ「波の音研究者」をお招きし、日本サウンドスケープ協会の先生方も交えて語る会を開催しました。(参加者20名) 波の音に関する熱心な取組み、論 …

続きを読む

「音さんぽin浜松篠原海岸」に参加5年10月29日

 遠州波小僧プロジェクト主催の、『耳を開き音で遊ぶ音さんぽ』が音風景研究家、岩田茉莉江さんの主宰で行われました。対象は小学生の子供と保護者5組の方で浜風会メンバーも浜の説明役で参加しました。 耳の体操から始まって、いろん …

続きを読む

荒熊元茂先生の古文書教室 5年10月19日

 昨年に続いて荒熊先生の古文書教室を開きました。中世の代表的な紀行文『東関紀行』並びに『東海道名所図会』について解説いただきました。(参加者17名) 京から鎌倉までの旅で社寺参詣や名所遊覧の途中「舞沢の原」という所に来た …

続きを読む

「㈱小楠金属工業所」の工場見学5年9月21日

 浜風会の行事「篠原西地区を歩いてみよう」は、この篠原地域で立派に発展を続けている小楠金属様を見学しました。(雨模様の中、出席者16名) 常務の太田正昭さんの懇切丁寧な説明とご案内で、工場の素晴らしさが良くわかりました。 …

続きを読む

波小僧探求大作戦「土用波」の観察 5年8月3日

 波の音が目立ち始める土用に当たり、「土用波」を観察しました。(今年の土用は7月20日~8月7日) しかしながら台風6号の影響か高い波が立ち、例年の「土用波」とは違いました。 遥か沖縄辺りに居る台風6号がどうしてここまで …

続きを読む

海岸ハマヒルガオ一斉除去作業終わる5年7月28日

 舞坂町の一部から篠原町までの海岸一帯の約21.5haに群生しているハマヒルガオを除去する作業は、述べ500名弱にも及ぶ一致団結のご協力で完了しました。(写真はハマヒルガオ) 来年の作付けが出来ることを願って。(主催 静 …

続きを読む

篠原東地区を歩いてみよう(5年7月6日)

 大変暑い日でしたが、鈴木忠さんの案内で篠原東は「柏原」を歩いて回り、昔の痕跡を探りました。(下図のとおり) (参加者は男性ばかり9名) 柏原山、観音池、茶屋浜道、湛水の水路、田んぼや畑など昔の痕跡を感じることができまし …

続きを読む

しのはら歴史便り第42号(5年7月1日)

 今号は先の「篠原西地区を歩いてみよう」で調査した愛称標識「河岸跡」を中心にとりあげました。  50年~70年前にはそういうこともあったかと懐かしく思い出されることです。  1面:坪井馬郡土地改良区のこと  2面~3面: …

続きを読む

坪井地区を歩いてみよう(5年5月25日)

今回のテーマは「中環状線の開通は何を遺したか再認識しよう!」です。(開通は2004.3.30)行程は県道交差点からJR高架下の地下道をくぐって北へ「とびうお大橋」までの往復です。(参加者18名)坪井から北への道は開けたが …

続きを読む