• 浜風会hp

浜風会トピックス

古文書教室開催 (令和3年10月21日)

 浜松市立舞阪図書館館長の荒熊元茂先生にお願いし、「往来物『東海道往来』の勉強会」を開催しました。 これは江戸から京都までの宿場を、七五調の軽やかな調子で覚えやすく書かれた初等教育の教科書だそうです。 江戸時代中期にこの …

続きを読む

「波の音」録音PJ 2回目の打合せ(令和3年8月2日)

 土用に入り、波の音が大きくなっている気がします。今、浜風会では会員13名が毎日、定点、定時に波の音を耳で感じて記録しています。みんなの気付きに期待しているところですが、加えて定量的に捉えようと、ハンディレコーダーを …

続きを読む

「波の音」録音プロジェクト始動(令和3年7月19日)

 浜風会では一昨年より、日本サウンドスケープ協会の皆様と、波の音について、交流を深めておりますが、その録音、記録を実際試みてみようと本日の会合になりました。(左写真) お借りしているHandy Recorderの録音 …

続きを読む

特別例会「篠原東地区を歩いてみよう」令和3年7月15日)

 先ず神明宮の神明会館前に集合(左写真)、篠原東の鈴木忠さんの案内で実際歩いてみました。篠原東地区の特徴である地形、特に篠原地区の中で一番高いところや、東海道線が通ることで分断した家、お寺、更に早い段階で耕地整理が行われ …

続きを読む

浜風会特別例会「坪井地区を歩いてみよう」は生憎の雨(令和3年5月20日)

 午後からの雨で中止となり残念でした。それでも「坪井ふれあい会館」で、紙上での説明をしました。その中身は次の3つです。 1.坪井町発電所:    平成26年発電開始 メガソーラー5MW  2.坪井の井戸:    由来の …

続きを読む

「しのはら」ってどんなところ?今年も総合学習に一役(令和3年5月18日)

 今年度も篠原小学校からの依頼で、地域のことを勉強し始める3年生に、ふるさと篠原のことを好きになってもらえるよう、篠原の特長等についてお話した。 自主的な勉強を通して、自慢出来るところを探してもらえると嬉しい  ★ 海に …

続きを読む

浜風会は令和3年度の活動を開始(令和3年4月22日)

 浜風会は新年度の会員を募集し直し、本日総会を開き活動計画など全ての協議事項を承認し、スタートしました。(写真は総会風景) →活動計画の詳細は、メニューの「浜風会活動計画」をご参照下さい。  浜風会は年度毎、活動計画を明 …

続きを読む

冨士山東光寺での涅槃図鑑賞会(令和3年2月18日)

 東光寺では2月13日に恒例の涅槃会があり、この程河合家から寄贈された「涅槃図」が初披露されました。浜風会は光山秀徹住職にお願いし、その「涅槃図」を鑑賞させていただく機会を計画したところ、寒波襲来の中16人の会員が出席し …

続きを読む

「ツバメの宿跡」愛称標識 説明会(令和3年2月8日)

 昭和の初め頃から昭和58年まで、新春の風物詩として全国に報道されていた越冬ツバメのお宿が、役目を終え令和元年7月に解体されたのでその存在をこの地、東海道線舞阪駅北東400m浜松市西区馬郡町に遺そうと、以下のような愛称標 …

続きを読む

篠原小学校郷土資料室清掃(令和2年12月17日)

 浜風会では毎年この時期に篠原小学校にある「郷土資料室」を掃除することにしています。本日集まった会員8名で埃掃いから床の雑巾がけまで、思ったよりきれいでしたので短時間で終了しました。 この郷土資料室は平成3年ミニふるさと …

続きを読む